Menu

帯下・性行為感染症

Home / 診療案内

帯下(たいげ)、おりもの

帯下とは、腟あるいは外陰から体外に排出された分泌物で本人が自覚したものをいいます。したがって、敏感な人は、感じやすく、鈍感な人は感じにくいといえます。原因となる病気はいろいろありますが、おもに以下の検査によって診断します。

帯下の検査

病歴、湿疹などの皮膚所見、かゆみなどの症状、帯下の性状に応じて以下のうち必要なものを検査します。

  • クラミジア検査
  • カンジダ培養検査
  • 淋菌検査
  • 一般細菌培養検査
  • 子宮頚がん細胞診検査
  • 特殊検査;HPV検査(子宮頚がんのウィルス検査)

帯下が増加する主な疾患

代表的な疾患をご説明しましょう。

  • カンジダ症
  • 性器クラミジア感染症
  • トリコモナス腟症
  • 細菌性腟症
  • 萎縮性腟症
  • 子宮頚がん

カンジダ症

カンジダは、真菌の一種で、いわゆるカビの仲間に属します。症状としては、酒かす様あるいはカッテージチーズ様の帯下(たいげ、おりもの)が増加し、外陰部に掻痒感(かゆみ)が出現します。治療は、腟錠の挿入とクリームの外陰塗布によって行いますが、治療期間は1-2週間程度です.

 

性器クラミジア感染症

クラミジアは性行為感染症の一種で、現在最も頻度の高いものです。 クラミジアは感染しても、女性の約80%、男性の約50%は何も症状がなく、感染を自覚しにくい病気です。症状が出る場合は、性交渉後1~3週間で表れ、おりものが増加し、臭いや色が変わります。男性は排尿時に痛みを伴う尿道炎になります。進行すると、腹膜炎を併発したり、不妊症、異所性妊娠(子宮外妊娠)の原因にもなります。治療は夫婦(パートナー)ともに内服薬を服用します。

トリコモナス腟症

トリコモナス(原虫)による炎症で、性行為感染症に属します。よって夫婦ともに同時に治療する必要があります。症状としては、膿(うみ)性の帯下、腟の灼熱感、排尿痛、掻痒感などがあります。

細菌性腟症

一般細菌によって腟炎の起こったものをいいます。不快な臭いのするおりものが増加したり、痛みがあることもあります。治療は抗生物質を含んだ腟錠によって行います。

萎縮性腟炎

卵巣から分泌される女性ホルモンが減少してくると、腟の粘膜の抵抗力がなくなって炎症を起こしやすくなります。かゆみ、黄色いおりもの、悪臭といった症状をともなう場合もあり、閉経後の性交痛にも関連します。欧米では外陰腟萎縮症とよばれます。治療は、主に女性ホルモンを含んだ腟錠を使用しますが、時に内服、経皮投与なども行われます。。

子宮頚がん

子宮頸がんは「HPV」(ヒト・パピローマウイルス)というウイルスの感染が原因です。性交渉によって感染します。初期には無症状ですが、時に帯下の増加、性器出血、接触出血があることもあります。子宮癌は恐ろしい病気ですが、定期的に子宮がん検診を受ければ、早期発見が可能で適切な治療ができます。

Share