Menu

妊娠・分娩

Home / 診療案内

私たちが考える出産とは

 赤ちゃんの産声を聞いた時、その場は安堵と歓喜に包まれます。

 受精に始まって10か月の妊娠期間を経て赤ちゃんが誕生することは、奇跡の連続の結果だといわれています。妊娠してから出産までの間も、予期せぬ事態が起こったり、時に命の危険も伴います。お母様と赤ちゃんは様々な困難を乗り越えて、やっと出会うことができます。だからこそ、誕生は感動的です。

 ご自身にとって納得のいく満足な出産は貴重な体験であり、母になるための大切な源です。そのような出産をするためには十分な準備と覚悟が必要です。その準備をスタッフ全員が心を込めてお手伝いさせていただきます。私たちは、新しい命の誕生とその家族のスタートを心から応援しております。

妊婦健診

 妊婦健診では、妊婦さんの健康状態を把握するために、体重・血圧の測定、腹囲や子宮底長の計測、尿蛋白・尿糖の有無、浮腫の有無などついてチェックを行います。胎児については、超音波計測による胎児推定体重、羊水量などの測定などを行い、胎児の発育が順調であるか否かをチェックします。

3D/4D超音波撮影も行っていますので、ご希望の方は、受付時に申し込みください(金曜日、土曜日は3D/4D超音波撮影はできません)。

ご家族と超音波

3D/4D超音波撮影

4Dエコー

3D/4D超音波撮影も行っていますので、ご希望の方は、受付時に申し込みください(金曜日、土曜日は3D/4D超音波撮影はできません)。

おや、おや?あくびかな?

 

 

母親学級・母乳学級・お産のリハーサル

お産のリハーサル

  1. 妊娠前期の母親学級
         
    • 妊娠中の諸検査
    •    
    • 食事の注意事項
    •      
    • オッパイ体操の説明
    •  
  2.  
  3. 妊娠後期の母親学級
  4.   
    • お産のしくみや心構え
    •    
    • 医療処置が必要なお産について
    •     
    • 無痛分娩について
    •    
    • 出生届などの手続きについて
    •      
    • 入院の準備
    •       
     
  5. お産の"リハーサル"
        
    • 分娩中の呼吸法を妊婦さんが実際に行なって練習してみます。   ティータイムには、ケーキを食べながら楽しいひと時を過ごしましょう。
     
  6. 母乳学級:愛情いっぱいの母乳をあげるために-
    • なぜ母乳育児を推奨するのか
    •     
    • 母乳がでるしくみ
    • 母乳育児が成功するための必要条件について
    • 早期の接触や早期授乳の重要性
    • 実際に当院で行っているケアの説明
    • 乳房・乳頭の手入れ(実技指導)    
         
      • SMC
      •         
      • 乳腺の刺激、発達を促すマッサージ
      •         
      • 陥没、扁平乳頭の手入れ
         
  7. 心配事や相談したいことなど質問タイム

無痛分娩

 当クリニックでは、25年ほど前から無痛分娩を施行してまいりました。県内では最も経験の多い施設の一つだと思います。

 当クリニックの方針では、すべての産婦さんに対しては無痛分娩を積極的にはお勧めはしていません。

 しかし、高齢出産、高血圧などの合併症があり、睡眠不足などによる長時間の疲労の蓄積が、分娩の危険性を増強させるような場合には、無痛分娩は安全な分娩を行う上で有効な手段と考えてお勧めする場合はあります。そして、過去において硬膜外麻酔による無痛分娩での重篤な合併症は起こっていません。 

 一般には無痛分娩は計画分娩時にしかできない施設が多いなか、当クリニックの特徴として自然分娩中にでも適宜行うことができます。したがって、分娩中に産婦さんが急きょ希望された場合でも原則可能となっています。

  当クリニックでは、1997年の開院以降、無痛分娩を施行してきた実績があります(2000件以上)。最近の無痛分娩率は 15%前後になっています。

 

  無痛分娩を希望される方は初産の場合に多いようです。経産婦さんは、最初のお産より分娩時間が短く、楽に感じることが多いため、希望率が下がっていると思われます 。

  無痛分娩を施行した場合、分娩時間がやや長くなる傾向があります。その背景としては、初産婦さんで無痛分娩を希望される率が高いこと、陣痛がやや弱くなることなどが考えられます。また分娩が難産となり進行が遷延化している場合に、無痛分娩を施行する例が多いことも一因となっていると考えられます。

  分娩出血量は無痛分娩で300g、無痛分娩でない場合は278gで、無痛分娩で多くなっている傾向がありますが、その差はわずか22gで、危険性には差はないといえるでしょう(分娩時の正常出血量の基準は 500g以下と定義されています)。

帝王切開術

 現在わが国では分娩の15-20%前後は帝王切開術によって行われ、帝王切開率はさらに増加傾向にあります。

 こうした背景のなか当クリニックでは、たとえ分娩が帝王切開術となっても、通常の出産と同様の感動が味わえるよう工夫を凝らしています。ご主人の帝王切開術への立ち合い許可はもちろんのこと、手術中でも出生直後の赤ちゃんに直接手で触れることを可能としたり、手術中に極度の不安を感じられている患者さんにはベテランの看護スタッフがお手を握りながら絶えず声掛けをするなど様々なことを行っています。

また当クリニックでは24時間緊急帝王切開術に対応できる体制も整えています。

産褥母乳外来

 助産師、看護師による母乳育児の相談を行っております。

 母乳の分泌が悪く、母乳が足りていないのではないか、赤ちゃんが嫌がって吸ってくれない、乳房が張って痛い、など母乳育児を行う際に様々な悩みやトラブルがあるかと思います。そんなお母さまのお悩みをお聞きして、ご相談を受けます。予約制になっておりますので、受付窓口までお電話をしてください。

Share