簡略更年期指数(SMI)

症状
1)顔がほてる
2)汗をかきやすい
3)腰や手足が冷えやすい
4)息切れ・動悸がする
5)寝つきが悪い、眠りが浅い
6)怒りやすく、イライラする
7)くよくよしたり、憂うつになる
8)頭痛、めまい、吐き気がよくある
9)疲れやすい
10)肩こり、腰痛、手足の痛みがある
    症状の程度の目安   
  • 強 :症状が強く家事あるいは仕事に大きな支障がでるか、全くできない。
  •   
  • 中 :症状があり、家事あるいは仕事に支障がでる。
  •   
  • 弱 :症状はわずかで、家事あるいは仕事をすることにとくに問題はない。
  •  
  • なし:全く症状はない。
 


結果
 
 
 
 
 


更年期指数の自己採点の評価法

点 数 評 価
 0 -  25 上手に更年期を過ごしています。これまでの生活態度を続けていいでしょう。
26 -  50 食事、運動などに注意を払い、生活様式などにも無理をしないようにしましょう。
51 -  65 医師の診察を受け、生活指導、カウンセリング、薬物療法を受けた方がいいでしょう。
66 -  80 長期間(半年以上)の計画的な治療が必要でしょう。
81 - 100 各科の精密検査を受け、更年期障害のみである場合は、専門医での長期的な対応が必要でしょう。

(小山嵩夫; 日本医師会雑誌1993;109:259-264)