群馬県高崎市東町80-7 電話 027(326)7711
 

 硬膜外麻酔

 分娩に対する恐怖感や陣痛に伴う痛みがあまりにも強いと、そのストレスによって分娩が遷延し、場合によってはパニック状態に陥って、産婦さんや赤ちゃんに悪い影響が及ぶことがあります。そのため現代では分娩時の痛みを適切にコントロールすることは、安全な分娩を行うために重要であると理解されています。したがって無痛分娩は、母親とお子さんの双方にとっての利点があり、とくに緊張しやすい方や痛みに弱い方には大変効果的な方法です。

 

 1.長所

    他の痛み止めの方法や呼吸法より効果が確実  

    児への影響を認めない  

    帝王切開が必要になった時にも、同じ麻酔方法で行うことができる (緊急帝王切開に対応できる) 

    分娩後の回復早く、体力が温存できる(育児などにも支障がない)

 

 2.開始する時期

    痛みが強まり耐えられなくなった時点で開始する(分娩直前は麻酔することが不可能な場合あり)

    陣痛が 5 分間隔で、子宮口が4~5cm開大した頃に始めることが多い

 

 3.方法

硬膜外麻酔キット

    1)分娩台の上で横になり、背中を丸くする  

    2)背中を消毒し、腰のあたりに局所麻酔をする

    3)そこから針を刺し、細いビニールの管(カテーテル)を挿入

    4)カテーテルが入ったら針を抜く

    5)そのカテーテルから局所麻酔薬を注入し、痛みをとる

 




 4.無痛分娩中のすごし方

    食べ物は消化の良いものを選び、量は控えめにする(嘔吐の防止)

    独りで歩行しない(歩行時の転倒防止)

    1時間ごとに、右向きへ左向きへと横向きの体位を変える(麻酔の効きを左右均等にするため)

    麻酔薬追加時には定期的に血圧を測定する(低血圧のチェック) 

 

 5.起こりうる問題点

[ときどき認められるもの]

    ○低血圧(麻酔前に輸液ラインを確保して対応します) ○頭痛 約1 %

    ○陣痛が弱くなった場合は、陣痛促進剤を使用することがある ○吸引分娩、鉗子分娩になる可能性が若干高まる(微弱陣痛のため)

[頻度の非常に少ないもの] 

    ○局所麻酔薬の血管内誤注入による痙攣  ○局所麻酔薬のくも膜下誤注入による広範な麻酔効果

    ○カテーテル刺入部の出血や腫れ(感染)  ○神経障害(異常感覚)



診療内容に戻る