群馬県高崎市東町80-7 電話 027(326)7711
 
子宮がん検診

子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんがあります。子宮頸がんのいわゆる「前がん状態」は主に20才代の若い年齢から始まります。子宮がん検診の際に、「がん」だけでなく子宮筋腫や卵巣嚢腫、卵巣がんなどの病気もチェックできますので、ぜひ一度検査を受けてみましょう。

検診の流れ

 1.受診日前

できれば月経中でない時に、受診する予定を立てましょう。

高崎市在住の方で対象年齢の方は、『高崎市健康づくり受診券』を使用できます。

 

 2.受診当日

受付、問診表の記入;子宮がんの検診歴のほか、月経周期、妊娠・出産の回数、子宮がんにかかった家族はいるか、などを記入します。また不正出血やおりものなど、気になる症状もあわせて記入しておきます。子宮がん検診では内診があるので、当日の服装はスカートが適しています。

内診台

 3.問診

事前に記入した問診表をもとに、医師からの質問がありますので、できるだけ正確にお答えください。気になる症状がありましたら、遠慮なくお伝えください。

 

 4.検診台

スカートを着たまま、下着をとって回転式の内診台に腰をかけます。看護師から誘導の声がかかりますと診察台が全自動で診察ができる体勢に変化します。

内診台

 5.子宮頸がん検診

腟鏡を腟内に入れて、子宮頸部や腟の内部に出血の有無やびらん(ただれ)などがないかを調べます(視診)。子宮頸部をへら、綿棒などで軽くこすって細胞をとります。細胞採取は2~3分程度で終わり、痛みもほとんどありません。ただし妊娠中の人や採取箇所にびらんがある人は、軽い出血を起こすことがありますが、心配はありません。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 6.子宮体がん検診

医師が必要と判断した場合や希望によって子宮体がん検診を加えることもできます。子宮体がん検診の場合は、子宮内に細いブラシの器具を入れて子宮内膜を軽くこすり、細胞を採取します。子宮体がんの検査はわずかな痛みと少量の出血を伴います。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 7.超音波検査

経腟用の細い超音波器具を腟内に挿入して、子宮のおおきさや状態を調べます。この検査では子宮筋腫の有無、子宮内膜増殖症、卵巣嚢腫、卵巣がんなども一緒に見ることができます。

 8.診断結果

一般の方の場合は1週間後、高崎市子宮がん検診の場合は3週間後に結果がでますので、指示に従ってご来院ください。

 

子宮がん精密検査

細胞診検査にて、異常が出た場合に精密検査を行います。

 コルポスコピー検査

細胞診検査にて異常所見がでた場合、コルポスコープ(腟拡大鏡)を使用して、狙い(ねらい)組織診を行います。検査後、止血のため、1-3日の通院が必要です。採取した組織を病理検査に提出します。結果は2週間後になります。

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 子宮内膜試験掻爬(そうは)術

子宮体がん検診にて精密検査が必要になった場合は、静脈麻酔を施行して子宮内膜の全面を剥がして検査を行います。日帰り入院が必要となります。

 


診療内容に戻る